« 広島 | トップページ | 岩国紀行2 »

2014年8月21日 (木)

広島を思う

日増しに事態の深刻さが明らかになります。
不明者の把握すら十分に進まないとは。

山のふもとの住宅密集地で
土砂崩れや土石流が同時多発するなんて、
ひとたまりもなかったでしょう。
わが家を建てる前、被災地周辺の土地も
見学に行きました。
当時は想像もしませんでした。

今、夏になると「◯◯災害から1年」という
被災地のその後を追うニュースと、
新たな災害発生を伝えるニュースが同居しています。
もはや、この時期の大雨災害は
「当たり前」なのでしょう。

「思いもよらぬ大雨」は必ず「起きる」。
被害を防ぐには避難するしかない。
自分たちはどういう心構えでいるべきか。
早急に考えなければいけません。

|

« 広島 | トップページ | 岩国紀行2 »

life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1398544/57260654

この記事へのトラックバック一覧です: 広島を思う:

« 広島 | トップページ | 岩国紀行2 »