« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

神来たる2

この日はたっかん先輩の読み通り、
暑さにやられるヒルクライムになりました。
風がなくて、きつかった。
もうボトルは一本じゃ無理です。

Imgp0589_1280x960
(Photo by たっかん先輩)

ガリガリ君がこんなに染みるなんて。

R0014423

ここを走りたいって人は多いので、
あらためて企画しましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

神来たる

ついに、極楽寺へ神が降臨しました。

R0014422
GR Digital Ⅱ

青い彗星さんが広島へ。
「一緒に走りません?」と誘ってくれました。
「返り討ちにしてやるわ」と快諾。
たっかん先輩と行ってきました。

僕も先輩も練習している自負はあります。
でもね、神は異次元でした。
スタートから「スパート?」と思うほどの加速。

10371987_411334982341765_8799080752

一度上ったうえで、引き返して
僕の姿を写真に撮ってくれるという。
ほんと、毎度恐れいります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

居場所

どうにもこうにも、
ココがお気に入りなのね。

Img_0300
iPhone 5(Photo by 嫁)

洗濯カゴ、本当にもう一つ買わなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

三次アタック2

ここまで来たら、高谷山へも行きたいです。

Img_3830
GR Digital Ⅱ

いざ、タイムトライアル。
展望台への分岐までで13分19秒。
お、これまでより1分は縮めたぞ。
しかもディープリムだし。やった。

しかし、iPhoneのSTRAVAは
きちんと計測してくれていませんでした。
クールダウンするために、
ゴール付近をグルグル回ったからかな。

Img_3833

悔しいのでせめて写真だけでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

三次アタック

仕事休み。ちょいと三次へ。

Img_3825
GR Digital Ⅱ

かつてのわが家の近くの岩屋寺。
斜度もきついし、道も狭いし。
と思っていましたが、楽しい。
つづら折りが続くので、
テンションが上がりますね。

Img_3827

ただ、ずっと木陰なので
前日の雨が乾かず、全面ウエット。
踏み込みと後輪が滑ってしまう。

Img_3820

あら?舗装がない。
忘れてました。
シクロクロスかMTBの方いいですね。

Img_3822_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

ジェラートな季節

暑くなってきました。
ジェラートがうんまい。

P5250613
Olympus OM-D EM-5 / M.ZUIKO DIGITAL 17mm f/1.8

さ、もう一走り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

FULCRUM Red Wind XLR

最近、ようやく面白さが分かってきました。
というか、楽しくて仕方ない。

R0014139
GR Digital Ⅱ

フルクラムのディープリム。
坂がきつくなったから、
グランフォンドはC24に戻したのにね。
いや、むしろC24で200キロも走りこんだから
僕でも違いが感じられるようになりました。

R0014401

剛性の高さが路面状況を伝えてくれます。
踏み込んだ力もロスなくスピードに変わる感覚。
これが走りやすいってやつか。

R0014144

スポーツカーと同じですね。
人によっては、そのゴツゴツ感を敬遠されるでしょう。
でも、S2000、スカイラインクーペ(R33)、レガシィB4に
乗ってきた自分にとっては、楽しい。
そうか、それって、「懐かしい」のか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

阿弥陀ルート

新しい道を知る喜び。

R0014390
GR Digital Ⅱ

広島市周辺は山に囲まれているので、
ヒルクライムには不自由はしません。
ただ、交通量も信号も多い。
田舎育ちの自分にはストレスです。
それだけに、裏ルートを知ったときは
本当にうれしい。

R0014395

阿弥陀山へ。迷子になって以来
半年ぶりでしょうか。
あの時とは気候も天気も体調も違う。
ただただ心地よい。

R0014399

ただ、自転車ではどこを最高地点と呼べばよいのか。
やっぱり分からないので、
阿弥陀さまを拝めたかどうか。

R0014407

わが家へのスーパーショートカットコース。
ロードではあまりに前傾姿勢になりすぎるので、
かなり怖いです。躊躇していると、
ママチャリの高校生が脇を通り抜けていきます。
やっぱり若い子はすごい。
「ママチャリ高校生」最強説を唱えたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

才能あるんじゃなイカ

今度はイカを釣っちゃった。

Img_0283
iPhone 5(Photo by 嫁)

小さな小さなギザミがかかっていて
それに食いついていたという。
チョイ投げ釣りなのに。
周りの専用仕掛けの人が
全然釣れていないのに。えへっ。

D4a_5902
Nikon D4 / AF Nikkor 35mm f/2

でも全体の釣果はこんなもんです。

D4a_5905

見た目も量も物足りないけれど、刺し身。
コリコリで、これはいける!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

満たされる朝

いや、本当は起きないと…。

Img_0282
iPhoto 5(Photo by 嫁)

こうして寝過ごす朝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

獲った

びっくりしました。
こんなん釣れるなんて。
「獲ったどお」と叫びたい喜びと、
「どう処理すればいいんじゃ」という戸惑いと。

P5180541
OLYMPUS / OM-D EM-5 / M.ZUIKO DIGITAL 17mm f/1.8

ゴカイでの投げ釣りだったので、
重い海藻が引っかかったような感触でした。
まさか、こんなのに来るとは。

P5180560_2

結局、義理の母に頼んだりして。
内臓をとって、塩もみするのか。

P5180582

お、茹で上がると本格的にタコっぽい。

P5180597

さっと揚げると、うんまあー!
今回はできすぎです。
さすがに二匹目のドジョウ、
じゃなくて二度目のタコはないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

ラムちゃん近況報告2

一度に話題を済ませないのは、
また仕事に励む日常に戻ったから。

Img_0240
iPhone 5(Photo by 嫁)

洗濯かごが最近のお気に入り。
あまりに居続けるので、
このかごは当分使えないな。

P5100523
OLYMPUS OM-D EM-5 /M.ZUIKO DIGITAL 17mm f/1.8

これまたお気に入りのスピーカー。
もう好きにして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

ラムちゃん近況

自転車の話題が続いて、
「ラムちゃんは元気なんか」と
全国1,000万人のファンのみなさまに
お叱りを受けそうなので。

Img_0143
(All Photo by 嫁)

Img_0180

すっかり夏毛対策完了です。
スリムに見えます。
早く虫を追いかけたい時期だね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

石見グランフォンド200キロへの道8

20分は休んだでしょうか。
さすがに動けるようになりました。
残り25キロ。最後の力を振り絞ります。
というか、だいぶ回復してきました。

R0014378
GR Digital Ⅱ(Photo by たっかん先輩)

Imgp0556

これまで貯めていた位置エネルギーを
一気に放出します(安全には気を付けてます)。
あっという間に大田市内。
三瓶を通らないコースの人たちとの
合流地点付近に到達します。

Imgp0561

「あの人たちは三瓶に行ってきたんだ。すごいなあ」と
羨望の眼差しを送ってきた山側に、今、自分がいる。
あ、泣いてしまいそう(ブロク上の演出です)。

午後5時40分ごろゴール。
もっと感激すると思っていたのに、
もう頭が働かないようです。
出しきった。すべてを出し切った10時間でした。

恒例の記念撮影タイム。
メンバーが遅れて来るたびに撮り直し。
そういうグダグダ感、心地いい。

Img_1365

解散後は、たっかん先輩と三瓶の温泉へ。
参加者対象の割り引きがあります。
ああ、極楽だけど、体を伸ばしたら、
どこかがピキっていいそう。

車で引き返せば、あっという間の距離でした。
自転車をしない人は、こう聞きます。
「車で行けるのに、何で自転車なの」と。
車なら、道は目的地に向かうための手段です。
自転車でも目的地はありますが、
道そのものが目的なのです。
200キロの道のりを楽しみ続けるのです。
行程も辿り着いた先も楽しめる。
そこが醍醐味なのです。

今回は、全然楽しそうに書いていないけれど、
200キロ完走は大きな自信になります。
機会を与えてくださったみなさま、
ありがとうございました。
来年も是非挑戦したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

石見グランフォンド200キロへの道7

第7CP(第6はショート用)の
北の原を目指します。
すぐに目の前に坂が。あかん。
2011年に走ったのに忘れてました。

もうインナーローにまでギアを落とします。
少し斜度が緩やかになっても、踏めません。
そしてさっきから吐き気がひどい。
疲れきった、というより
そこまで自分が疲れきっている事実に
ビビっている状態です。

沿道の人の応援が耳に届かない。
サイコンの距離表示は、
しばらく前からオフにしています。
あと何キロか意識したら気が遠くなりそうなので。

Imgp0541
(All Photo by たっかん先輩)

CP到着後は、その場にぐったり。
おいしいチョコバナナも用意してありましたが、
流動食しか喉を通らない気がする。わしゃ病人か。

Imgp0543

「やったね、ken2ちゃん」
「三瓶が近くに見えるよ」
たっかん先輩の言葉に全く反応できません。
自転車通勤で日常的に
山越えをしている先輩は違う。脱帽です。

R0014374


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

石見グランフォンド200キロへの道6

第6CPの粕淵に到着。
ここがゴールでもいい。

R0014358
GR Digital Ⅱ

制限時間が気になるけれど、
しっかり休ませてもらいます。

R0014360

もう一つの懸案事項がドリンク。
行く先々の自販機は水、お茶類が売り切れでした。
仕方ないので、炭酸オレンジを購入したり、
残りが少なくなったら、グレープを追加したり。
ボトル内の飲料の色が毒々しい。

十分に休んだので出発。
ついに、ついに、三瓶を上ります。
この県道がまっすぐに伸びているんですよ。
クネクネ道のような遠心力が効かない。
これまで通ってきた道に比べれば、
斜度は穏やかな方ですが、
まったく踏み込めない状態でした。
カメラまで調子が悪くなって、写真もなし。

ヘロヘロになって、西の原に出ました。

Imgp0532
(Photo by たっかん先輩)

ああ、この解放感、充実感は何だろう。
たっかん先輩に「やりましたね〜」なんて
のん気に話しかけています。
「まだ力を残しときんさいよ」という言葉は
ken2の耳に入っていませんでした。

R0014370

シンボルでもある松の近くで一休み。
あ、立てない。吐きそう。
疲れすぎて、内臓をやってしまったか。
夏なら珍しくありませんが、
こんな涼しい時期でもなるのか。

でも、あともう少しですね、たっかんさん。
「あと三つくらい、えげつないつづら坂があるかな」
ジ・エンド。そう思いました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

石見グランフォンド200キロへの道5

第5CPのはすみ文化プラザ。
ここでたっかん先輩と再会。

R0014341
GR Digital Ⅱ

ブログ用に感動シーンは演出していますが、
かなりホッとしました。
もう追いつけないかと思っていました。
このまま別々にゴールしてしまったら、
「一緒に参加した」ではなく
「同じ大会に居合わせた」だけになりますもの。

R0014343

豆腐とおからドーナッツ。
ポン酢の塩分がうれしい。

他のメンバーもいるし、心強いと思っていたら、
神こと青い彗星さんがリタイアするとか。
前日に体調を崩したそうですが、
神が断念せざるをえないとは…。
自分に行けるんかな、と不安が頭をよぎります。

第6CPまでは江の川を下る平坦コース。
いやあ、疲れる。こんなに長くペダルを回し続けるなんて。

R0014352

ここまでずっと、上りにつぐ上り。
そして、平坦はずっと向かい風…。
大会の獲得標高は3,200メートルとだそうですが、
事実上3,500メートルと言っても過言ではない(過言)。

正直、先頭を牽く力が出ません。
たっかん先輩に甘えっぱなしです。
「踏まなくていいから。回すだけでいいから」と
アドバイスしてもらいますが、生返事が精一杯でした。

R0014354

Imgp0522
(Photo by たっかん先輩)

全力は一切出していないのに、力が残っていない。
目の前に三瓶が見えてきました。
はたして本当に上がれるのだろうか。
走れば走るほど、テンションが下がります。
こんな経験初めて。
弱気になると、膝や股関節の痛みが気になります。
普段なら無視できるレベルなのに。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

石見グランフォンド200キロへの道4

R0014309
GR Digital Ⅱ

ショートコースとの分岐を越えると、
本格的な上り区間の始まりです。
右奥にいい角度の橋が小さく見えますね。

R0014313

今回新たに設定された林道です。
斜度は10%前後だっけ。
舗装がきれいで走りやすい。
何より見晴らしがいいです。
天に昇る道を走っているみたい。

R0014319

第4(第3は140コース用)CPへ一直線。
断魚渓に到着。ほぼ予定通りの時間です。
単独走行が長いので、
TBCメンバーがいるとほっとします。
恒例のアングルでパチリと。

R0014329

川本町の街なかを抜けて、
再びヒルクライムコース。
こういうクネクネ道は遠心力がつくから楽。
しかし、第4−5CP区間は今回最長の49キロ。
力は半分も出してないつもりだけど、
徐々に脚がすり減っていくのが分かります。

R0014339

そしてトドメは、12%、「カエル注意」の看板が印象的な坂。
不意打ちのような角度だったので、消耗しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

石見グランフォンド200キロへの道3

第2CP手前はずっと下り。
昨年夏の豪雨災害の爪あとが
何カ所か残っていました。

R0014305
GR Digital Ⅱ

困難を乗り越えて開催された
関係者のみなさんにあらためて感謝です。

R0014306

第1CPをスタートした後、
パチンと何か落ちる音がしました。
小石でも弾いたかな?と思っていたのですが…。

第2CPの桜江に到着。
右足のクリート部分がなんだかグラグラする。
まあ、気にせずシューズを外そうと思ったら。
どうしてもペダルから外れない。なんで!?
ペダルにシューズを付けたまま、
脱いでチェックします。
ああ、ネジ(?)が1つない!
さっきのはこれが落ちた音だったのかあ。

R0014307

それでも、チェック印は押してもらうため、
CP内を歩かなければなりません。
自転車にシューズが付いたままだし、
持ち主は右足がソックスだけだし。
みんなこっち見てる〜。
しかし、当方は200キロ挑戦どころか完走も危うい。
周囲の視線を意識する余裕はありませんでした。

そこに現れたのがパン助師匠。
早く出発したいだろうに、
処置してくれるというではありませんか。
僕があれだけ苦労したシューズを取り外し、
ほかに問題がないかチェックをしたうえで、
「これなら外れやすくなりますよ」と
ペダルの調整までしてくれて。うう、泣きそう。

R0014312

その横で「俺は?俺も自転車を支えているよ」と
欲しがりなダニーさん(手前)。
そういうところ好きです。

応急処置ができて、本当に良かった。
機材トラブルなんて初めて。焦りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

石見グランフォンド200キロへの道2

前泊は出雲のホテル。
ここで思いがけない歓迎を受けました。
蚊。何カ所も刺されて、全然眠れなかった…。
まだ5月じゃん。午前5時起床。はやぐったり。

R0014284
GR Digital Ⅱ

午前6時すぎに会場入り。
駐車場はすでに車で埋まっていました。
すぐに自転車をスタート位置に置きましたが、
最前列からは、かなり離れました。
タイムを競うレースではありませんが、
ここだけは競争といっていいかも。

R0014292

たっかん先輩は会場で車中泊。
先頭付近を確保したそうです。さすがです。
ken2は7時25分にスタート。
この時点で先輩とは10分も差がつきました。

R0014293

天気も気温も快適なんですけどね〜、
なぜか前後に誰もいない。
参加する日を間違えた?って不安になるくらい。
第1チェックポイント(CP)までは
ほとんど一人だったかな。

R0014296

高山そば道場に到着。
今年もおにぎりを買って包んでもらいました。
走りながら食べると最高。時間も稼げます。

今回、予想外だったのが、風です。薫りすぎ。
ずっとアゲインストでした。
ただでさえ坂続きなのに、
平地でも体力を奪われるなんて。
あとから効いてくるなあ、
そんな予感がずっとしていました。
実際、その通りになります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

石見グランフォンド200キロへの道

4年後ごしの目標だった
200キロを走り切りました。
初挑戦であっさり達成した
たっかん先輩との記念ショット。

Imgp0563

もっと感動すると思っていたのですが、
あらゆる感情を疲労が覆い尽くしました。
こんなに疲れて大丈夫かなってくらい。

Imgp0536

でも、無事帰還しました。
関係者のみなさま大変お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

石見グランフォンドだ

時は来た。

R0014278
GR Digital Ⅱ(Photo by たっかん先輩)

明日の石見グランフォンドを控え、
前日エントリーを済ませました。

あ、ちなみに走る方角は
写真で指さしている向きとは逆です。
間違えました。

週の初めまでは、雨の予報だったのに
雲ひとつない青空にまで持ち直しました。
走る意欲が沸々と湧いてきます。

「200キロ走る」と公言して
ハンガーノックやら脚の消耗やらで
コテンパンにされた屈辱(?)から2年。

今年はそれなりに走りこんできました。
不安材料があるとすれば、唯一点。
「坂しか登っていない」という事実。
平地は長い距離こなしていません。
…大丈夫かいな?

R0014266

まあ、明日の朝食用にサザエのおむすびも買ったし
(本当は温かいから、すぐに食べたかった)
しっかり準備して、明日に臨みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

野良仕事

遊んだ話しか書いていませんが、
仕事もちゃんとしています。
実家の山や田んぼもね。

木を切ったり、

P5050465
OLYMPUS OM-D / EM-5 M.ZUIKO DIGITAL 17mm f/1.8(Photo by 嫁)

田起こし(荒起し)をしたり。
耕うん機なんて久しぶりに動かしました。

P5060498

あとはチェーンソーや
草刈り機が触れるようになればなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

TBCBBQ2

いやあ、最初からガツガツと食しました。
アルコールを飲めないのがつくづく残念。
今週は健康診断を控えていたのですが、
それを思い出すのは、また後のお話。

R0014262

帰りの自走はメガトンさんと一緒。
恐ろしいほど速い。
あっという間に離されます。

おかしい、今年はコンスタントに
自転車でトレーニングしているし…。
はっ! 正確には「坂ばかり上っていた」じゃん。
上ってばかり=下ってばかり。
こんなに長く平地を走るのは、
2月の県北ライド以来だった。
20㌔以上も連続でペダルを
回し続けるなんて疲れるわあ。

西城のポプラでたかさんとも合流。
ここから更に千切られそうになります。
それでも、風が容赦なく吹き付ける盆地平坦を、
30キロ近い速度で走り抜けます。
遅れがちなken2を待ちながら
トレインしてくれた二人のお陰です。感謝。

グランフォンドでもいいトレインに
お世話になりたいものですわあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

TBCBBQ

人はなぜ走るのか。
そこに坂があるから。
そして、その先にお肉が待っているから。

203144526_orgv1399474694
(Photo by 大臣)

GW恒例になるのかな?
TBCのBBQ大会に行ってきました。
実家から、他のメンバーを迎撃。
県民の森まで57キロの自走でした。

R0014228
GR Digital Ⅱ

なんと、新緑がまぶしい。
風が薫るやまなみ。心地よすぎます。

Img_3751

昨年と同様に吹き下ろしの風に
見舞われる登坂でした。
でも、しんどさは感じませんでした。
少しは成長したのだろうか。

Img_3759

半年のブランクを乗り越えて
無事たどり着いたオレンジさん。
その横でちゃっかり、写り込んでみます。

R0014253

何はともあれ乾杯です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

江田島フィッシング

天気がいいし、休みに入ったし。
珍しく釣りでも行きましょう。10年ぶりかな。
道具がまだ残っていましたよ。

江田島へ。

まずは釣果。

Img_3719
iPhone 5

海底に海藻が多かったみたいです。
コツコツと小物を釣り上げ、
嫁がカサゴをゲット。
釣りの腕前は一日の長があります。

Img_3715

嫁の実家で唐揚げにしてもらいました。
命をいただきます。ありがたや。

Img_0107

おまけ。
ネコの園を発見。
今度、じっくり見に来ようっと。

Img_3721


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

周防大島ドライブ

GW合間の平日。周防大島へ。
だてに自転車ばかり
乗っているわけじゃない。
道には詳しくなるので、
家族とのレジャーにも役立ちます。

木曜日定休の店が多いようなのですが、
GWで特別営業なのでしょうか。
けっこうありつけました。

D4a_5753
Nikon D4 / AF-S Nikkor 24-120mm f/4

スペシャル海鮮丼。どーんとね。

D4a_5770

ただ海岸にいるだけで
時間が過ごせます。穏やか。

P5010364

意外と楽しめたがの「なぎさ水族館」。
「タッチングプール」がいい。
平たく言えば「お触りコーナー」(平たすぎ?)
サメやら、ヒトデやら。
コブダイのコブがぷにぷにでかわいかった。

P5010376


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

江田島(の坂)を楽しむ3

人は何を目指してゴールへ向かうのか。
自分を待つ家族の笑顔、風呂あがりのビール…。
だが、しかし!
一番大切なのは、帰りのフェリーの時間である。

R0014216
GR Digital Ⅱ

帰路は古鷹山を住宅地から上るのですが、
これまた斜度がえぐい。なかなか、よろしい。
急いでいると、力が出るものですね。
意外とスイスイとこなせました。

R0014220

あと10分♪

R0014219

上りきると、そこには何故か鶏が…。
野生化しているのか?
なでるくらいはできたのかな。
怖がらせてはいけないので、写真だけ。

R0014223

ほぼ海岸線は通らない、新鮮市場もスルー。
「そんなつもりでサイクリストは呼んでいない」と
江田島の人から突っ込まれそうなライド。
でも、良いコース。すっかり自己満足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

江田島(の坂)を楽しむ2

今回、陀峯山ヒルクライムの
お供に選んだホイールはC24。
そう、フルクラムは外して挑みました。

わあ、みんなから突っ込まれそう。
だって、この斜度はやっぱり厳しい。
昨年秋の体験で身にしみています。

R0014209
GR Digital Ⅱ

居合わせた方に頼んで記念撮影。
普通、こんなポーズされた引きますよね。
テンションMaxだったので、ごめんなさい。

実は、この日は夜勤。
急いで帰らないと、遅れてしまうよ。

しびれ峠を下る途中で、
「カタカタッ」と何かが落ちる音。
あ、サイコンがないっ。
振動続きで外れてしまったのか。
脇道はヤブになっているし、困ったなあ。
紛失したら、Garmin510Jを
買わないといけないじゃないか(えへ)

R0014215

しばらく探して、無事発見。
さ、急ぐべ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

江田島(の坂)を楽しむ

「海が穏やかだね」
「日差しが気持ちいい」
そう語らいながら、自転車で瀬戸内を巡る。
それも、楽しみ方の一つであろう。

R0014193_2
GR Digital Ⅱ

だが、しかし!
軟派な海岸線に目もくれず、
島の中心を貫く山道を
ヒルクライムで突き抜ける。
これこそ多島美の真髄である!(多分違う)

R0014202

というわけで、江田島ライドです。
切串港からすぐに、古鷹山方面を目指します。
ウオーミングアップ区間なしの
ヒルクライムだから、ちとキツイ。

R0014196

さらにしびれ峠を越えて、
大好きなおさかな新鮮市場もスルー。
大柿の街なかを抜けて、目指すはやっぱりここ。

R0014207

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

自分との闘い

石見グランフォンドまで後わずか。
今年は例年になく、コンスタントに
自転車に乗れています。
4年ごしの目標だった200㌔に挑戦したい。

最大の敵は自分…の体重。

Evernote_snapshot_20140430_144404
iPhone 5

P4270354
Olympus OM-D EM-5 / M.ZUIKO DIGITAL 17mm f/1.8

これがどうにも減らないんですよ。
目標の5㌔減はどころか、増える一方。
なぜでしょうね。心当たりが
(ありすぎて)思いつきません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »