« 石見グランフォンド200キロへの道4 | トップページ | 石見グランフォンド200キロへの道6 »

2014年5月15日 (木)

石見グランフォンド200キロへの道5

第5CPのはすみ文化プラザ。
ここでたっかん先輩と再会。

R0014341
GR Digital Ⅱ

ブログ用に感動シーンは演出していますが、
かなりホッとしました。
もう追いつけないかと思っていました。
このまま別々にゴールしてしまったら、
「一緒に参加した」ではなく
「同じ大会に居合わせた」だけになりますもの。

R0014343

豆腐とおからドーナッツ。
ポン酢の塩分がうれしい。

他のメンバーもいるし、心強いと思っていたら、
神こと青い彗星さんがリタイアするとか。
前日に体調を崩したそうですが、
神が断念せざるをえないとは…。
自分に行けるんかな、と不安が頭をよぎります。

第6CPまでは江の川を下る平坦コース。
いやあ、疲れる。こんなに長くペダルを回し続けるなんて。

R0014352

ここまでずっと、上りにつぐ上り。
そして、平坦はずっと向かい風…。
大会の獲得標高は3,200メートルとだそうですが、
事実上3,500メートルと言っても過言ではない(過言)。

正直、先頭を牽く力が出ません。
たっかん先輩に甘えっぱなしです。
「踏まなくていいから。回すだけでいいから」と
アドバイスしてもらいますが、生返事が精一杯でした。

R0014354

Imgp0522
(Photo by たっかん先輩)

全力は一切出していないのに、力が残っていない。
目の前に三瓶が見えてきました。
はたして本当に上がれるのだろうか。
走れば走るほど、テンションが下がります。
こんな経験初めて。
弱気になると、膝や股関節の痛みが気になります。
普段なら無視できるレベルなのに。


|

« 石見グランフォンド200キロへの道4 | トップページ | 石見グランフォンド200キロへの道6 »

Bicycle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1398544/56175122

この記事へのトラックバック一覧です: 石見グランフォンド200キロへの道5:

« 石見グランフォンド200キロへの道4 | トップページ | 石見グランフォンド200キロへの道6 »