« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

なぜか

月末になると、時間に追われてますね〜。
どうしてなんでしょ?

P1300069
Olympus / OM-D EM-5 / M.ZUIKO DIGITAL 17mm f/1.8

OM-Dで夜の街スナップ。
高感度でもキレイに写っている。
…ように見えるのですが、
ノイズを「塗りつぶした感」が結構、出てますね。

不必要な拡大をして、気に病みまないでおこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

春探し

D4a_1882
Nikon D4 / Carl Zeiss Planar T* 50mm f/1.4 ZF

義理父母に誘われて、
福山の明王院に行ってきました。

D4a_1876

国宝の本堂公開。
いろんな話を教えてもらいました。
(あいまい)

D4a_1883

レンジは珍しく50mm一本。
相変わらず、良い描写です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

本家

さんざん外猫を楽しんでもらいましたので。
久々にラムちゃんに登場していただきましょう。

D4a_1886
Nikon D4 / AF Nikkor 35mm f/2

やっぱり一番かわいいのお。

旅行から帰ったときの定番の一言、
「やっぱり我が家が一番ね」みないな。
「そんなら旅行行くなや」と
突っ込まれるみたいな。

D4a_1917

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

佐柳島猫巡り:動画編

打ち止めと言った舌の根も乾かぬうちに。
アレだけ写真を撮ったんですからね、
動画も1本や2本撮ってますよ。
(2本だけともいう)

動画はド素人です。
専用機ですらない一眼レフだし。
それでも、一緒に歩く楽しさを味わってください。
猫ちゃんたち、最後までサービス満点です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

佐柳島猫巡り7

まだまだ紹介したいカットはあるのですが、
このシリーズは取り敢えず打ち止め。

D4a_1810
Nikon D4 / AF 35mm f/2

金持ち?

D4a_1820

愛らしい姿。まったく動じません。

D4a_1822

手土産くらい置いてけや、っとな?

D4a_1853

ラストショットはこの堂々たる立ち姿。
絶対、意識してやってるでしょ。
美形のモデルぞろいの島でした。
また来るからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

佐柳島猫巡り6

一日、話題がとんでしまいました。
猫巡り再開です。

まずは、猫の一本釣り〜。

D4a_1697
Nikon D4 / Tamron SP 70-300mm f/4-5.6 Di VC USD

これまでは、広角レンズばかりでしたが、
そうはいっても、望遠も使ってみたい。
背景がすっきりして、
被写体が浮き出る描写は、やはり魅力。

D4a_1717

岩場に残された小魚を
ハンディングするらしいけれど、
この日は見逃しました。

D4a_1755

毛づくろいしあいっこ。
仲睦まじいなと思っていたら、次の瞬間、

D4a_1762

もう大げんか。
文字通り、毛を逆撫でられた?
猫の世界は読めなくて面白い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

親孝行知らず

惨劇は、突然でした。

歯に痛みがあるような気がして
先週、診てもらった歯科医院での再診。
先生は、その本題をスルーして一言。
「それで、親知らずはどうしますか」

ああ、その話ですか。
生えている向きがおかしいって。
食べ物が詰まりやすいって。
虫歯にもなりやすいって。
何年も前から指摘され続け、
ずっと決断できずにいました。

先週にはついに、
「虫歯になり始めている」と最後通牒。
もう先延ばししても、仕方ありますまい。
(この日まで決めなかったけれど)
ken2:「抜いてしまおうかなって」
先生:「今、しましょうか」

え、今!? 来週とかじゃなくて?
もっと準備いるんじゃなくて?
ke2:「…とりあえず、トイレ行かせてください」
それでも心が整うまもなく、麻酔。
あっという間に、引っこ抜かれました。

顔の下半分は別人状態。
ken2:「どのあたりが虫歯になっていたんですか」
先生:「虫歯はないみたいですね」
ええっ、そんな。確かに先週、虫歯って…。
みなさん、処置するならお早め、かつ慎重に。

Img_9746
iPhone 5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

佐柳島猫巡り5

D4a_1565
Nikon D4 / AF-S Zoom-Nikkor 14-24mm f/2.8 

いつもは、猫に避けられるケースが多いので
撮影は望遠レンズがメインです。
でも、ここはとにかくみんな集まって来ます。
というか、駆け寄ってくる。
超広角の神レンズを持ちだしても、
余裕でアップにできてしまう。
カメラ&猫好きには、たまらない瞬間です。

D4a_1566

一緒に、お散歩♪

D4a_1584

頼んでいないのに、
ナイスショットを提供してくれます。

D4a_1608

島では廃校や、閉鎖された簡易郵便局がありました。
人と猫が幸せでいられる環境は、
過疎の島だから保てているのでは…と
考えてしまってみたり。

D4a_1660

全国的な寒波が嘘みたいに
暖かくて、波のない海。
きれいな映り込みと、
防波堤を行く猫。たまらん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

佐柳島猫巡り4

D4a_1476
Nikon D4 / AF-S Nikkor 24-120mm f/4 VR

大天神社へ行ってみます。
気軽に考えていたのですが、
ずっと石段が続きます。

D4a_1478

振り返ると、眺めが美しい。
でも、けっこうハードな坂ですな。


D4a_1489

まだまだまだ続きます。
自転車なら、坂は好きだけど、
徒歩はきついです。

神社には、天狗が祀ってあり、
さらに奥にも祠がいくつかありました。
テレビでは草が生えているように
見受けられましたが、
きれいに刈り取られていました。

D4a_1548

ちょっとしたトレッキングを終えて
下まで降りると、たくさんのお出迎え。
散歩の再開です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

佐柳島猫巡り3

D4a_1349
Nikon D4 / AF-S Nikkor 24-120mm f/4 VR

自分の生活と比べて、
1日が同じ24時間とは思えないくらい、
静かで穏やかな時が過ぎます。

訪れた日は島の神社のお祭りだったそうです。
参道も、もちろん一緒に散歩してくれます。

D4a_1371

猫もおだてりゃ、防波堤に上る。

D4a_1433

砂浜は憩いの場のようです。

D4a_1411


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

佐柳島猫巡り2

D4a_1286
Nikon D4 / AF Nikkor 35mm f/2

多度津港からフェリーで50分。
港に着くとすぐ、この状態です。
まぢですか、と。

D4a_1301

テレビで取り上げられていた、
時計模様の子も、出迎えてくれました。

D4a_1312

島の風情も存分に写し込めちゃいます。
ほとんど人を恐れないので、
島の方に大事にされているんだろうな。

猫のエサは、地元の方が
フェリーに乗って街まで
買いに行くそうです。

そういう苦労を知って、
後日、エサを送る来訪客もおられるそうです。
僕たちは手ぶらで来てしまったけれど、
襟を正して…遊んでもらいます。

D4a_1331

あちこちから出てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

佐柳島猫巡り1

D4a_1462
Nikon D4 / AF-S Nikkor 24-120mm f/4 VR

以前からやりたかった瀬戸内海の島、猫巡り。
ずっと撮ってみたかったショットを
たくさんゲットできました。

香川県多度津町の佐柳島です。
岩合光昭さんの世界猫歩きのロケ地ですね。

ここは人と猫の距離が近い。
どれくらいかというと、

D4a_1296_2
Nikon D4 / AF Nikkor 35mm f/2

これくらい。

D4a_1408

近い。近すぎるって。

地元の方が、朝夕の二回
餌やりをしておられるそうです。
そうした努力のお陰で、
僕たちも癒やされるわけです。
感謝、感謝。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

しまなみの余韻

自転車の旅は、ゴールの時点で
目的を達成しています。
すでに充実感に浸っているので、
そのまま引き返してもいいくらい。

ここから先はすべて、ご褒美タイム。
さらに楽しい時間が待っているとは。
一度の旅で二度おいしいのです。

自転車以外なら、そうは行きません。
到着してからがメーンイベントですからね。

道後温泉で汗を流しました。ああ、最高。
体がほぐれて、疲れも癒されます。
夕食は酒蔵が運営する「にきたつ庵」。

D4a_1219_2
Nikon D4 / AF Nikkor 35mm f/2

地ビール、うますぎるので、危険。

P1120598
OLYMPUS / OM-D EM-5 / M.ZUIKO DIGITAL 17mm f/1.8

D4a_1234

酒粕を使った卵焼き、
酒粕ドレッシングのサラダ・・・。
日本酒をおいしく「食べる」工夫が素敵です。

D4a_1242

こちらは日本酒の飲み比べ。
日本酒度+8の純米吟醸大辛口
35%精米、生貯蔵の3種類。
ちょっとシャッフルして、
味利きしてみました。
全部、外しましたけど、何か?
「おいしい」って分かればいいんです(強弁)。

P1130745

旅の終わりには、香川でうどんまで。
おか泉の名物「ひや天おろし」。
うんまー。
なぜ、香川に行ったか?それは。ふふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

しまなみで逝く

はっちそん先輩は広島に戻られるので、
ここからは3人に。
実は本日の宿まで、
まだ半分も走ってないんですよね。
精いっぱい強がっている顔です。

R0013841
RICOH GR Digital Ⅱ

来島海峡大橋を渡って、
自転車で四国初上陸。

R0013847
※ブログの演出上、あとから撮り直しています。

余裕の先輩方。

Rer0013849
※これもね。

晴れて、初上陸なのですが…。
脚に疲れがたまってきています。
上陸の喜びより、これから大丈夫かな?という
不安が頭をよぎります。

ここからは、海沿いの国道196号を行きます。
OKBさんいわく「心が折れる道」。
景色は最高なのに、全然写真はありません。
前の二人に追いすがるのがやっと。
途中、何度も待ってもらいます。
自転車で激坂を毎日通勤している
たっかん先輩は平気そう。さすがです。

心は折れるというより、削れていく感じ。
全然、スピードが上がりません。
頭の中を「アリとキリギリス」の教訓が
巡り続ける魔の時間です。
これにハンガーノックが加わって、お手上げ。

R0013852

道の駅で栄養補給後は、何とか走れます。
風がなくなって、楽にもなりました。
松山港からフェリーに乗る二人と分かれて、
道後温泉へ向かいます。
案内標識がきちんとしているので、迷いません。
しまなみを走ったら道後温泉へ、という
観光戦略がしっかりしているんですね。
さて、広島はどうでしょう。

Rer0013857_2

123キロ、平均時速23.6キロの旅路。
楽しかったし、苦しかったし。
山あり谷ありの道でした。
次回はもう少しまともになっていますので、
また走りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

しまなみを食す

飯じゃ、飯じゃ。

Rer0013793
RICOH GR Digital Ⅱ
(このタコは食べていません)

生口島にて。ローストチキンの有名店。
甘辛い味付けで、一気に食べちゃった。

Img_3315
iPhone 5

そして、定番のジェラート。
レモンミルクとバニラです。

Img_3317

伯方島に到着後は、道の駅で
塩ラーメン。

Img_3318

んで、ノンアルコールビール。
贅沢すぎる時間です。

Rer0013825


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

しまなみをさらに行く

今回はOKBさんの快速トレインに
お世話になりっぱなしでした。
先頭交代をするのがマナーなんですけどね。

Rer0013804
RICOH GR Digital Ⅱ

どれだけ申し訳ないのか、
自転車に乗られない方のために
夫婦の会話で例えてみます。

「あなた見て、お隣から頂いたのよ」
「おお、これはすごい。立派なカニだなあ」
「でも、これ、あれよね…」
「そうだな。もらいっぱなしじゃいかん。
何かお礼しておかないと」
「やっぱり、そうよねえ」

で、何のお返しもしていないという…。

Rer0013805

多々羅大橋の鳴き龍にチャレンジ。
いい音ですよ。

Rer0013809

海も穏やか。しまなみに
オフシーズンなんてないんですね。

R0013819


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

しまなみを行く

尾道駅着。早速、輪行解除して
通行券を購入です。

R0013767
RICOH GR Digital Ⅱ

向島まで船で渡ります。110円。
人間が100円で、自転車が10円なのね。

R0013771_2

気温は低いけれど、問題ないです。
首や頭を防寒していれば耐えられます。

R0013776

因島ではっちそん先輩とも合流。
楽しくなる一方です。

Rer0013803

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

しまなみへ行く

ハンガーノックには負けても、
寒さには負けなかったんです。

しまなみ海道の出発地点
尾道には輪行で向かいます。
午前7時の西広島駅。

R0013747
RICOH GR Digital Ⅱ

事前に何度も練習した輪行袋詰め。
家では成功したのに、
フロントフォークが収まらん。

R0013749

何とか、電車の時間にセーフ。
たっかん先輩と合流します。

R0013753

たっかん先輩の先輩、OKBさんとも合流。
何とお二人は四半世紀ぶりの再会とか。
自転車とネットが結ぶ縁って、すげえ。

R0013754

補給食まで捨ててしまって、
後の悲劇を生む糸崎駅。
尾道行き列車に乗り換えです。
吹きさらしの構内が寒かった。
ここで輪行解除するのもありだそうです。

R0013756

ああ、ワクワクするなあ。
車でも、自転車でも、輪行でも、
自分の行動範囲が広がる高揚感はたまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

ノックアウト

定期的に襲われる
ツーリング自己嫌悪。
夏の暑さに負け、
山道に迷い
そして今度は…。

Img_3322
iPhone 5

会社の先輩方、さらにその先輩と
しまなみ海道を走ってきました。
本当に楽しかったんですけどね。
まず、反省を記しておこうかな。

四国上陸後、国道196号を西へ。
松山を目指していた時の話です。
全然、スピードが上がらない。
強い向かい風にさらされるたびに、
ちぎられてしまう。

「日頃、鍛えてないからなあ」
「飛ばしすぎて疲れたか」
その程度に思っていました。
でも、手足がどんどん冷えてきます。
ついでに、しびれてきたぞ。
ドリンクを飲み干して、なお何か口に入れたい。

ああ、あれか。
またやってしまったか
ハンガーノック。
ほんの2時間ほど前に腹いっぱい食べたのに。
持っていたブラックサンダーを出そうとしたら…。
ない! 袋ごとない!記憶をたどると、捨ててました。
はい、糸崎駅でほかのゴミと一緒に。万事休す。

たっかん先輩にSOS。
ゼリーを恵んでもらいます。
糖分が体に染み渡る感覚です。
結構、限界だったのね。とことんアホです。
ツーリングをなめていると怒られそう。

道の駅、風早の郷でエネルギー補給、
ストレッチをして再スタートです。

R0013855
RICOH GR Digital Ⅱ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

寒波

我が家の簡易温度計。

Img_9719
iPhone 5(Photo by 嫁)

ここまで埋もれたら、
相当な寒さなんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

かばん下手

衝動買いの残骸たち。
似たような種類ばっかり、
よく集めてきたものだ。

P1100577
OLYMPUS / OM-D EM-5 / M.ZUIKO DIGITAL 17mm f/1.8

機能的で、おしゃれなかばんはないものか。
探しているうちに、こんな状態になってしまいました。
「おお、このバッグ半額じゃ」と
割引率につられて、3万円で買ってたりして(汗)。
カメラバッグだけでも、4つあるもんね。
どれも使い勝手が今ひとつなのに。

一番気に入ったのは、3000円にも満たない
ユニクロのトートバッグだなんて、言えない。

嫁にも「もういい加減にせい」と言われ、
センスがないな、と自覚もしています。
思い切って、いくつか処分するか。

でも、収納スペースが空いたからって、
買いたい衝動が起こらないか。
それが一番の問題。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

冬のジェラート

広島市佐伯区の牧場にある
ジェラート店アルトピアノへ。

Img_3308
iPhone 5

雪が舞っていますけれど、何か?
ここのジェラートの味は、
寒さに勝ると思います。

Img_9711
(Photo by 嫁)

当たり前の話ですが、
外で食べても、まったく溶けません。
これが意外に新鮮な光景。
心地よいというか、癖になりそうというか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

スナップ

こういうものを食べているうちは、
やせたいなんて言っても
説得力はないという
自戒を込めて。…おいしい。

P1070568
Olympus / OM-D EM-5/ M.ZUIKO DIGITAL 17mm f/1.8


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

真冬の霧2

寒い思いをして行ったのだから、
第二弾くらいはやならくては。

静止画をつなぎ合わせる微速度撮影。
30分くらいやってみたんですけどね。
たったの4秒でした。

D4a_1144


P1040548
Nikon D4 / AF-S Nikkor 24-120mm f/4 G VRⅡ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

真冬の霧

実家に帰ってから、
気になっていたんですよね。
というか、秋からずっと。

まだ、霧の海を撮れていない。

D4a_1119
Nikon D4 / AF-S Zoom-Nikkor 14-24 mm f/2.8G

というわけで、行ってきました。
年明け以降、良好な状態だったのはチェック済み。

とは言え、温度計は氷点下3度でした。
重装備で赴いたのですが、
地元の人たちは、さすが。
防寒帽すらかぶっていない。
鍛え方が違うなあ。

D4a_1205
Nikon D4 / AF-S Nikkor 24-120mm f/4G VRⅡ

肝心の見え具合は今一つ、二つくらい。
雲がかかりすぎていました。
まあ、一回行っただけで、
素敵な表情を魅せてくれたら、
何度も足を運ぶはずがない。焦らすなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

かち割ったろか

あまりにすることのない正月なので
薪割りを命じられました。

P1040562
OLYMPUS / OM-D EM-5 / M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm f/3.5-5.6 Ⅱ R

実は嫌いな作業じゃないんです。
むしろ大好きかも。

実家の暖炉に使います。
エアコンやストーブは、
顔が火照るので、あまり好まないのですが、
暖炉は自然な温もりで気に入りました。

わが家にも欲しいな。
都会では煙が出ていたら、
すぐに119番されそうですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

すまぬ

帰省から戻ってくると、案の定…。
今年も毛玉作らせちゃった。
それまで念入りに手入れしたつもりなのですが、力不足。

D4a_1208
Nikon D4 / AF-S Zoom-Nikkor 24-120mm f/4

ごめんね。多少のおイタは許す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

一年の計

さてさて、今年も一年の目標を立てましょう。

まずは昨年の目標の検証から。
●忘れ物、探し物をなくす
→これはできるようになりましたよ。
購入したシザーケースの効果絶大です。
●遅刻をなくす
→これもできるようになりました。
●食事中に左肘を机につかない
→お、これも意識できるようになったぞ。

確実に大人の階段を上れているようです。

ことしは、
「何事も準備と片づけ」。
漠然としていますが、
仕事にも遊びにも通じるかな。

D4a_1089_2
Nikon D4 / AF Nikkor 35mm f/2

あと毎年、「節約」を掲げていますが
また何か買っちゃうんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

天皇杯決勝2

残念な結果だったとは言え、
せっかくなので第二弾。

D4a_0752
Nikon D4 / AF Nikkor Zoom -Nikkor 80-200mm + Kenko 2X MC7 DGX

やっぱり生俊輔はすごかった。
日本の10番を背負っていた人は違うわ。

サンフレはビッグクラブじゃないから
大一番とはいえ、若手の力は必要。

D4a_0965

野津田や浅野は、
あしらわれてしまった感もありますが、
この経験を糧にしてくれるでしょう。
今年も頑張れ、サンフレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

天皇杯決勝

元日に富士山を見るなんて、
初夢が早すぎたのでしょうか。

P1010490
Olympus OM-D EM-5 / M.ZUIKO-DIGITAL 40-150mm f/4-5.6

新年早々、天皇杯決勝戦
サンフレ対横浜Mを観てきました。

アジアチャンピオンズリーグで
どのチームよりも早くシーズンインして
最後の最後、元日まで戦ってくれた
選手に感謝を伝えたい、と。
改修を控えた国立競技場での
最後の決勝戦でもあるし、
行くべきではないか、と。

D4a_0677
Nikon D4 / AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8 + Kenko 2X MC7 DGX

学生だった1999年12月以来、14年ぶりの国立です。
クラブW杯の前身、トヨタカップを
観戦した感激がよみがえりました。
お目当ては当時、まさに貴公子だったベッカム擁する
マンチェスター・ユナイテッド。
CKが、かっこよかった。

D4a_0791

肝心の試合ですが、
攻守とも圧倒されてしまいました。残念…無念…。
サンフレ誕生以降、
決勝戦をすべて見てきましたが(テレビでね)、
準決勝とは、まったく別物のチームになるんですよね。
今大会は、PK戦を2試合経た疲れがあったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »