« そろそろ本当の話(パニック障害) | トップページ | ありがたい日 »

2013年2月13日 (水)

パニック障害のこと2

ken2の症状が分かったのは、
4年半ほど前です。
その半年後から2年間、
三次で暮らしていましたが、
症状のことすら忘れるほど、
何事もなく過ごせていました。

今回、駆け込んだある病院の医師に
「その時治療していれば、
さっさと治った」と言われました。
苦しんでいる患者の現状に対して
意味のない言葉だ、と思う反面、
その通りだとも後悔しました。

もし、この記事を読まれて、
少しでも心当たりのある人は
専門の医師に相談された方がいいでしょう。
何でもなければ、それでいいのですから。

今回、薬の減量は失敗でした。
気落ちせず、現状での維持に努めて、
今後、再チャレンジできるか探っていきます。
かつての日常に近づければいいかな。
気長に構えることにします。

職場は理解があるので、
大きな支障もなくやれています。
ken2の症状を知ってもらい、
安心感につながっています。

この話を秘密にしていたわけではありません。
でも、ブログを見てくださる方に
肝心な内容をお伝えしていないのが
ずっと気がかりでした。
大好きで、よくネタにもしていた、
お酒もほとんど飲まなくなったわけですし。

この病気の認知度は、ずい分上がりました。
「気持ちの問題でしょ」といった
誤解を言う人もいなくて、救われています。
でも、世間から、時には家族からでさえ、
誤解に基づく発言を受け、
傷つく患者さんもおられるようです。
少しでも理解してもらえたら、と願っています。

|

« そろそろ本当の話(パニック障害) | トップページ | ありがたい日 »

life」カテゴリの記事

コメント

通りすがりの同じ悩みのものです。パニック障害は味わった人しか分かりませんよね。URLは最近知ったサイトのURLです。ご存知な事も多いかもしれませんが参考までに…では

投稿: パニック障害克服するには | 2013年2月13日 (水) 10時25分

パニック障害克服するには さま

コメントいただけて、心強いです。
教えていただいたサイトを早速拝見しています。
すごく参考になります。
今後も経過をご報告したいと思います。

投稿: ken2 | 2013年2月13日 (水) 12時56分

病気なのに周りの人に理解してもらえないと辛いですよね。
私の所に来てくれる方で、昨年同じ病気で入院されていた方がいらっしゃいます。
今は症状が落ち着いているそうですが、不安だと言われてました。
どんな状態(原因)の時が駄目で、症状が現れた時はどう対処したら言いかを聞いてあげたら安心したと言われていました。
まわりに隠さず、理解してもらう事が一番だと思います。
病気にかかった事は恥ずかしい事でもなんでもないです。

きっとラムさんはken2さんを安心させるためにべったりなんですよ♪

投稿: csp | 2013年2月13日 (水) 21時19分

cspさま

ありがたいお言葉、うれしいです。
この病気は心に巣食う不安、恐怖が課題だと感じました。
cspさんのように理解してくださる方が
おられるというのが一番の支えです。
ラムちゃんにも感謝しなきゃいけませんね。

投稿: ken2 | 2013年2月14日 (木) 02時32分

(長文ですみません)
もう十年くらい前の話です。
仕事の帰り、会社の人たち数人と食事をしてた時、突然吐き気に襲われトイレに駆け込みました。
別に体調が悪かったわけでもないのに突然。そして、その帰りは何故か電車で帰るのが怖くなり途中の駅で降りて歩いて帰りました。
それ以来、飲み会とか人が沢山いる会場とかにいると非常に不安になったり、電車やバスも怖くて乗れなくなりました。それが病気とも思わず1年くらい1人で抱えて過ごしました。その後、結婚して嫁さんに話し、ようやく病院に行きクスリを飲んだり通院したりして治療しました。そうそう、結婚式でも症状が出たりして大変だった・・・・(;д;)  もっと周りの人に症状の事を知らせておけば気持ちも楽だったのにと後悔してます。

今は症状もなくクスリも飲まなくて平気になりました。
私の場合ですが、『治そう』とか『頑張ろう』とか無理に気持ちをもって行かず。『発作が出るのは普通の事だ』、『誰にでもあることだ』、『誰でも苦手な場所くらいある』とあまり深く考えないようしてみました。
と、言うのは簡単ですが、考えないようにする事が一番大変だったんですけどね。

日常は必ず戻って来ます。ちょっと時間かかるかもしれませんが、ゆっくり歩いていればたどり着けます。こんなノロマな私がたどり着けたのですから。一緒に歩いて行きましょう!!

投稿: ティッシュ | 2013年2月14日 (木) 08時23分

ティッシュさま

記事をアップするかどうかも迷ったけれど、
こういうコメントに出会えて良かったです。
本当におっしゃる通りで、
不安が一度、頭をよぎったら、
それにとらわれて、追い出すのは難しいです。
結婚式でも、なんて大変でしたね。

投薬を続けていれば治るものだと思っていたので、
薬の減量で症状がぶり返した時、
「薬で抑えていただけなのか」と、
少し後ろ向きになっていました。
ティッシュさんのようになれたらいいなと思います。
コメントを噛み締めながら、
ゆっくり歩いていきます。

投稿: ken2 | 2013年2月14日 (木) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1398544/49092583

この記事へのトラックバック一覧です: パニック障害のこと2:

« そろそろ本当の話(パニック障害) | トップページ | ありがたい日 »