« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

夏休み日記2 hiroshima carp

20120630_05952_2
※画像はクリックで拡大できます。

Photo


Photo_2

Photo_11

Photo_5

Photo_7

Photo_9
Nikon D4 + AF Nikkor 80-200mm f/2.8 D

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

夏休み日記 firefly

20120628_235416_4

D4a_0779
Nikon D4 + AF Nikkor 80-200mm f/2.8 D


D4a_0767
Nikon D4 + AF-S Nikkor 28-70mm f/2.8 D

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

ポイント生活

フィルム、ネガアルバム、D4特集。

全部、店のポイントを使ってタダ。
どれだけ売り上げに貢献してきたんだか。
店の思うつぼです。

Dsc04410_2
NEX-5/E 30mm f/3.5 Macro

ついでに、車のガソリンも1000円割引でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

異次元4 NIKON D4

NIKON D4のセンサーは
一般的なフィルムと、
ほぼ同じ面積です。
俗にいう「フルサイズ」。
一方で、D200などの「APS-C」は
4割程度の広さにすぎません。

ken2が持っているレンズは
1本を除いて、フルサイズ対応です。
つまり、これまでのデジタル一眼レフの写真は
レンズの中心部分だけを使っていたわけ。
D4なら、余すところなく写るのです。

エヴァンゲリオンで言うと(言うのか)
拘束具を付けていた場合と外した場合の違い。

D4a_0593
Nikon D4/AF-S 14-24mm f/2.8

この神レンズ前面と
ラムちゃんの顔との距離は、
わずか20センチほど。
前足はレンズフードに当たる寸前です。
こんなに寄っても、周囲が写るなんて。
すっかり嫌がられていますけどね。

D4a_2303
Nikon D4/Carl Zeiss Planar T* 50mm f/1.4 

そして、このボケ。
今までは大半がカットされてきたわけです。
こんな光景が見られるなんて。
自分が憧れの領域にいる、という
実感がじわじわと湧いてきます。

D4の機能をお伝えしてきました。

結論。
「こんなカメラを買ってしまった
ken2を許してくれる(はず)嫁は素敵」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

異次元3 NIKON D4

D4を購入すれば、
一度は体験したい
最高ISO感度 204800。
「にじゅうまんよんせんはっぴゃく」です。

フィルムなら「ISO100」「ISO400」などの
数字が表記されていますよね。
ISO400と比べて512倍です。
逆に言うと、1/512の明るさで写る。
ISO100に至っては1/2048ですよ。ふああ〜。

難しい話は抜きにして、コレです。

D4a_0718
Nikon D4/AF 35mm f/2 ISO 204800

肉眼では、iMacの明かりに照らさせる
ラムちゃんがぼんやりと見える程度。
ガサガサに荒れて、色も失われていますが、
それでも、撮れている…。
シャッター速度は1/400秒と高速。ありえません。

実際の見た目に近いのは、こちら。

D4a_0729
Nikon D4/AF 35mm f/2 ISO 800

超高感度は、「確実に撮る」ための手段。
報道ではそこが何よりも大切ですから。
ken2が使うか、って? まあ、ないでしょうね(;´▽`A``

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

異次元2 NIKON D4

早速訪れた広島ビッグアーチ。
サンフレッチェ戦に投入です。
すごい、すごすぎる。

D4a_0419_2
Nikon D4/AF 80-200mm f/2.8

ちまたではD3やD3sとの
比較レビューも多いですが、
ken2はD200しか持っていません。
そもそも比較対象にならない前提で記します。

まずISO感度。このカットは8000。
光の乏しい夜のスタジアムですよ。
それなのに、1/2000秒のシャッターが切れました。
D200の常用感度は1600、最高で3200。
ザラザラに荒れていました。
その限界を軽々と越えた描写。

連写は秒10〜11コマ。
シュートシーンをものにできました。
ああ、ゴールシーンがあれば。
(試合はスコアレスドロー)

おまけに、電池。
450枚程度、連写して消費量は8%でした。
D200なら半分以上は減っていたかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

異次元 NIKON D4

もう当分、打ち出せない景気刺激策。

NIKON D4です。

「テレビもないのに、テレビ◯台分の
カメラを買ってどうする」という
ツッコミはなしでお願いします。

その登場が噂され始めてから、いや、
前々モデルのD3の衝撃な発表があった2007年から
ずーっと、心に宿り続けた
フラッグシップへのあこがれ。

広島市内の家電量販店新装オープン戦争に紛れて
逝ってしまいました。

本当は半値(それでもお高い)の
D800にしようと前夜に決めたつもりでした。
でも連写が弱い。
一方で最大の売りである
3630万画素は使い切れない。
購入直前、迷いは最高潮に達しました。

しかし、店内では、品不足のために
今まで不可能だった実機の触り比べができました。
この質感、シャッターのフィーリング…。
迷いは消えていきました。
好きな人への思いを再確認する感覚に似ているかも。

まずは記念のファーストカット。

D4a_0001_2
D4/AF 35mm F2

PCの全画面で見れば、圧倒されるのですが、
このサイズだと分かりにくい。
これから、使用感をお伝えしていきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

頂点

申し上げることはありません。

見ての通りです。

Dsc04397_2
NEX-5/E 30mm f/3.5 Macro

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

フィルムカメラ街歩き

たまにはフィルムカメラを提げて、
街をブラブラと。

1136
F3/Planar T* 50mm f/1.4 ZF/PVP100/GT-X900

何気なく見過ごしている風景も
切り取ってみたくなります。

1124_4

夫婦でお気に入りのパン屋さん。
香ばしい質感がうまく写っている気がする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

夏休みどうする問題

おいしいコトは最後まで
取っておくタイプです。
夏休みなら、職場のみんなが取った後に。
でも、今年はあと1週間ほどでいただきます。

夏は、オリンピックがあるし、
アレがあるかも知れないし。
早めに消化します。
で、肝心の予定ですが、

何にもなし!

嫁が「どこか行こう」と言うので、
出掛けるかも知れません。
でも、ラムちゃんが家にいるので一泊まで。
ペットホテルに預けるのは、無理。
この毛と人見知りの塊にとっては
大きなストレスなんです。
移動用のカゴにも絶対入らないし。

Dsc03948_2
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS

「日ごろやりたくて、出来ないことやれば?」との
ありがたいアドバイスもあります。
…何にも思いつかん。
やりたいことをやれているのか、
やりたいことがないのか。

う~ん。クッキーでも作るか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

台風が過ぎて2

昨日、アップし忘れたカットをもう一枚。
これだけ、見事な水たまりは
なかなか見られないですよね。
我ながら、満足。

Dsc04354_2
NEX-5/E 30mm f/3.5 Macro

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

台風過ぎて

梅雨の時期に、もう台風ですか。

結構警戒していたのですが、
広島は大丈夫だったようですね。
来る来る詐欺かっ。
でも、現実にならないだけマシ。

Dsc04373
NEX-5/E 30mm f/3.5 Macro

雨上がりは、フォトジェニックがたくさん。
探しに行けるのは、安全だからこそ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

みやじまパワートライアスロン

「はつかいち縦断みやじま国際
パワートライアスロン大会2012」(長い…)の
観戦に行ってきました。

Dsa_0330_2
D200/AF 80-200mm f/2.8

バイクからランに移る吉和の魅惑の里。
前日の大雨で、路面が心配でしたが、
朝から見事な晴れ。
最後の下りを選手が疾走していきます。
みなさんお疲れ様でした。僕も頑張らないと。

邪魔にならないよう、
沿道の奥から虫に耐えつつ撮影。
お高そうなマシンばかりだなあ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

なぜか松田優作まつり

嫁が加入した動画配信サービスHuluで、
「蘇える金狼」「野獣死すべし」を一気観。

Yusaku1

彼の出演作をきちんを
観たのは初めてかな。
圧巻の怪演をじっくり堪能しました。
今、彼のような演技をしても、
受け入れられるかどうか。

野獣死すべしの有名なラストを含め、
2本とも長回しが多い。
それでも見入ってしまうのは
魅力的な証拠なんでしょうね。

それにしても、Huluはすごい。
ダウンロードする時間もなく、
すぐ鑑賞できるのだから。
それは、ソフトを持っているのと同じ。
荒っぽい言い方になりますが、
映像は、所有からネット上での共有に
変わってきているんですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

劇的

これまでのken2は忘れ物王。
出掛ける前になって
財布が、家の鍵が、ハンカチがない、と
いつも言い出していました。
その都度、嫁の冷ややかな視線に
耐えてきました。

カバンに一式、詰め込むのも良し悪し。
カバンの中の鍵を見つけられず、
玄関前で探す場合も、たびたびでした。

そんなken2を変えたのが
無印のバッグ in バック
小物が分けて入れられる。
持ち歩くバッグを変えても、
入れ替えるだけすみます。

これで、決定的な忘れ物もなくなったし、
取り出しもスムーズに。

Dsc04323_2
NEX-5/E 30mm f/3.5 Macro

小物一つで、こんなに変わるなんてねえ。
「忘れ物ばかり」評の克服を目指します。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

じゃこ

最近、我が家のブームが
ちりめんじゃこ。

Dsc04290_2
NEX-5/E 30mm f/3.5 Macro

何気なく買ったのですが、
意外と幅広く使っています。

Dsc04151_2
NEX-5/E 18-55mm f/3.5-5.6 OSS

調味料がわりになるし、
オリーブオイルでカリカリにすると、
香ばしく、まろやかに。
イライラしがちな毎日(でもないけど)に
カルシウムをプラスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

Finder~庄原格致高校写真部作品集

カメラ店で見つけた写真集。
なんと、母校の生徒の作品集とな。
中身は見ずに即買いです。

部はken2が卒業して、
数年後にできたそうです。
(正確には、本格活動再開らしい)
あのころと変わらない
青春が詰まっています。

彼ら彼女らしか撮れない。
そして、この時期にしか撮れない。
友達や故郷への目線が伝わります。
これって、写真の上手い下手より大切。

Dsc04315
NEX-5/E 30mm f/3.5 Macro

おじさんにも、こんな写真撮れるでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

健康診断

健康診断の結果が帰って来ました。
職場では結果を見せ合ったり、語り合ったり。
これって、学校でテストの結果を
話題にしていた光景と似ていますね。

あの頃と違って、悪い数値の自慢合戦に
終始してしまうのが、悲しいところ。
もっと年をとると、場所は職場から病院に変わり、
「◯◯が悪い」「××が痛い」自慢になるのでしょうか。

Dsc04311_2
NEX-5/E 30mm f/3.5 Macro

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

ミッション〜イキウメ公演

それは妄想なのか、現実なのか。
「呼びかけ」に従うのか、応えるのか。

夫婦で好きな劇団イキウメの
2012春公演「ミッション」を観てきました。
なんと最前列。舞台道具のルービックキューブが
飛んできて、足に当たりましたもの。
息遣いまで聞こえる迫力でした。

客席が明るいうちから、
いつの間にか舞台が始まり、
現実と空想の境があいまいになっていく。

これまではっきり描かれていた不思議の世界が、
あるともないとも言える存在として、
観る側に委ねられていた気がします。
実に濃密な2時間でした。

Mission_caption_2

セリフも物語の世界観が
凝縮されているので、
あとからじわじわと分かってくる感じ。
抽象的な感想になってしまうけど、
要するに、大満足ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

大会新~ママチャリ4時間耐久レース②

ご好評をいただいたので、もう一日、この話題。

ティッシュ夫妻が用意した
応援アイテムがすごかったです。
メッセージボードと記録ボード。
これがお手製だとは。
走者のみならず、周囲も盛り上がります。

Dsa_0150

D200/AF-S 28-70mm f/2.8

ちなみに「周回数が少ない」と言われた番長が、
手心を加えてもらおうとしていたというのは、ここだけの話。

Dsa_0532

そして、管理人さんカスタマイズのママチャリマシン。
これ、結局試乗できませんでした(T^T)
今度乗らせてください。

Dsa_0671_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

大会新~ママチャリ4時間耐久レース

パン助師匠、番長、うそつき暴君、エース、おっきーな5氏の熱走。

A
D200/AF-S 28-70mm f/2.8

広島県北広島町の豊平どんぐり村での
ママチャリ4時間耐久レース。
TBCが大会新の160周達成です。

ken2はカメラ係です。
「レース」と名のつく大会を
見に行ったのは初めてかも。

「4時間あるなら、応援の途中に
抜けだして、周囲を走れるかも」
最初はそう思っていました。
が、1分半足らずで1周するから、
見ていて全然退屈しない。
あっという間でした。

運営の方も「TBC」を連呼して
盛り上げて下さり、感謝です。

A_2

管理人さんもご満悦です。
ティッシュさんはピットイン担当で出ずっぱり。
本当にお疲れ様でした。

いいショットもありましたが、
やはりオートフォーカスがうまく追随できない。
やはりD4がいるか!?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

ニューレンズ

唐突に買っちゃいました。
NEX用の新レンズ。E 30mm F3.5 Macro。

Img_1512
iPhone 4

とある用事(後日記載)のついでに、家電量販店へ。
広島とは比較にならない
価格と種類のレンズ、カメラ群…。
嫁のご機嫌を損ねなければ一日中いたい=不可能。
「手ぶらで帰ってなるか」と衝動買いです。

広島なら3、4カ月待ちの
Sonnar T* E 24mm F1.8 ZAも在庫あり。
真剣に悩んだのですが、まずはこっち。

Macroレンズらしく、
被写体に寄れて、大きく撮れる。
最短撮影距離は90mm。
90mmって、そんなバカな。
コンデジとは訳が違うんですから。
……って、ラムちゃん近っ!

Dsc04241
NEX-5/E 30mm F3.5 Macro

うーん、恐るべし。
ただし、近すぎてピントが
目ではなく鼻先に合ってしまう。

Dsc04249

ボディ買ってから、1年半あまり
多少のマンネリ感はありました。

でもこれなら、レンズの世界観が広がります。
あすはどこを撮ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

梅雨

今年ももうそんな時季ですか。
この間、年が明けたと思ったのに。
こんな調子では、年末もすぐですね。
って、まとめすぎか。

Dsa_0295
D200/AF Micro 105mm f/2.8

ken2ノータッチの庭に
あじさいが咲いてくれました。
やぶ蚊も出始めたので、
じっくり眺められませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

倦怠

最近、どうにも体が重いです。

朝、目は覚めるのですが、
昼前になると、猛烈に眠くなります。
で、夜勤出社する直前の夕方まで二度寝。

仕事前に軽く自転車で
ひとっ走りするのが理想なのに。
これじゃ「仕事」と「睡眠」だけになってしまう。

Dsc04174_2
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS

どうしたもんだか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

県北の味

散髪のため、久々に三次へ。
この日のために、畠敷のオイハギさん夫妻が
わざわざ、アユを捕ってくれたそうで。
ken2のためになんて、ううっ(涙)。

Dsc04192
NEX-5/E 18-55mm F3.5-5.6 OSS

ああ、うんまい。香りがたまらん。
ホント、故郷の味です。
今年はまだ不調らしい、とのこと。
あと何匹、食べられるかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

モーニングコール

最近、ラムちゃんの
モーニングコールが激しいです。

夜明けとともに、枕元に来て
布団に入れて、だの
腕枕して、だの
満足すると腕はかむ、だの…。

Img_1474
iPhone 4

甘やかしすぎと、寝不足になる…。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

おじさんの定義

ご年配の訪問販売員の来訪。

「大きな窓ですな~」
 ーそうですかね。
「日が良く当たるでしょう」
 ーそうですね。
「これ、ガラス?」
 ーはい。
「みな、ガラスですか」
 ーだから、そうですよ。
「ほお~」。……コッ、コッ。

え? 何で、たたいた?

おじさんと言えば、
ロードバイクのタイヤを見て
「細いのお。これで走れるんか」と
言われたときも要注意。
タイヤやホイールを
ぎゅっとつまみ始めるもんね。

「人のものを勝手に触るようになったら、おじさん」
という法則を提唱しようかしら。

Dsc_8289_2
D300s/AF-S 28-70mm f/2.8


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

お間抜け

自分でも間抜けだなという時が
時々あります。時々、のはずです。

6年分の思い出を失った
外付けHDDクラッシュ
Macの自動バックアップ機能
Time Machineの中にデータあるのでは?
1年3カ月の時を経て、ふと、気づきました。
クラッシュ時に、すぐ思いつくものですけどね。

ショックで頭が真っ白になった分、
脳の回路がつながるまで、
時間がかかったようです。

現在のHDDに移し替えていた約3年分、
iMacのデスクトップ上で
一時保存していたものなどが残っていました。
これも、当たり前の話ですけどね。

友達の結婚式で作った結婚新聞や、
二次会の写真など…。あった~。
失ったデータのほんの数分の一ですが、取り戻せました。

これを機に、HDDを一台リニューアルして、
事故防止に努めようっと。

Dsc04150
NEX-5/Planar T* 50mm f/1.4 ZF/Pixco

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

scansnapを導入

新聞や雑誌のデジタル化に
scansnap S1100を導入しました。

Dsa_0282_2
D200/AF-S 14-24mm f/2.8

速い。簡単。劇的。
一枚一枚、手差しする必要がありますが、
手間には感じません。
カラーと白黒の判別、上下左右の向き、
どちらとも自動で識別します。

これまでは、高詳細なフラッグシップ機を使用。
フタを開閉して、解像度やカラーを手動設定して…。
そこまでする必要はないのですが、
「設定できる」となると、手間をかける性分なので。

容量は、特集などの大きめの記事6本で3.2MB。
納得できるレベルです。
従来より三分の一も時間かからなかったのでは。

iMac経由でiPadに転送。
Evernoteからもできるみたい。
それは、後日試しましょう。

iPad内のデータは紙資料だと、
ダンボール数箱分は入っているでしょうね。
デジタル掃除の威力は恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

道はやっぱり迷うためにある4

気を取り直して、戸河内ICへ向かいます。
ここで初めての休憩。

Img_1490
GR Digital Ⅱ

だんごで一休み。
おいしかったです。でも、後で腹にもたれてしまった。

さ、あとは魅惑の里へ一直線。
しかし、ここから最大の難関でした。

ひたすら緩やかな上り。
石見の記憶が頭から消えず、
ムキになって走っていたのですが、
3、4キロ過ぎて急に力が入らなくなります。
喉も乾いていない。お腹も空いていない。
ああ、脚がパワー切れか…。

時速15キロも超えられなくなります。
民家もなく、心細い。
廿日市に入ると、もうアウターでこげません。

「こんな道、走ろうって言ったの誰だよ。…俺か」と
一人ノリツッコミをする気力すらなく。

力尽きする寸前に、標識が見えます。
ああ、もう少しだ。
「700m先 遅い車 道ゆずれ」
…まだまだ、続くのね。

本当に力尽きる手前で、視界が開けて
吉和の山並みが見えてきました。助かった。
温井ダムよりも、さらに250メートル高く上ったようです。

Img_1491

到着。長かった~。
走行距離は92キロ。
全身が塩で粉だらけ。

やっぱり仲間と走りたいなあ。
最近、ken2相手では物足りない人が
増えているようですが、
どなたか、どうです?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

道はやっぱり迷うためにある3

慎重に地図を見て、標識も確認して。
その上で温井ダムに向かいました。
頑張って7キロで240メートル余り上りました。

R0012904
GR Digital Ⅱ

記念撮影した後に地図を見て、思いました。
「このまま行ったら、島根じゃね?」
目指す戸河内IC方面とは逆。
うーん、やっぱり失敗しました。

国道191号と186号が複雑に絡み合って
初心者には分かりにくい。
ブログを書きながら、地図を見返しても
正しいコース、風景が頭に描けません。

結論としては、脚を14キロも無駄に使ったということ。
これが吉と出るか、凶と出るか。
まあ、大凶ですよね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »