« 都会 | トップページ | Aチームの脅威2 »

2011年6月27日 (月)

Aチームの脅威

昨日の続き。

「大雨」予報が外れて快晴に焦ったken2は
サイクル@管理人さんの店に直行したのでした。

すでに午後3時。
一緒に走れる人がいなければ、
一人でハイヅカ湖方面にでも…と
思っていたら、TBCジャージを発見。

Aチームのパ、パン助氏だ…。
いやあ、一緒は無理でしょ。
え?午前中からすでに100キロ走った?
そ、それなら少しはご一緒できるかも。
いい機会だから、北原ヨシト(Over Drive)みたいに
脚質を盗むチャンスですよ。

早速、ハイヅカ湖に…
「いやあ、もういいでしょ」。

終了。

結局、高谷山へ。あんな失敗したんだけどなあ。
走りながら教えてもらった
Aチームの条件(山岳ステージ)は。

◯ 下から展望台手前4キロまでを時速15キロで走破

しかも、パン助氏を見ていると
◯ 当然アウター(フトント2段階ギアの重い方)
◯ ほとんどシッティング(座ったまま)

で、ken2は

◯ 時速12〜13キロ(自転車で1キロの差は大きい)
◯ かなりの時間インナー(軽いギア)
◯ だいたいダンシング(立ちこぎ)

時折フルアウター(最も重いギア)にすら挑む
パン助氏を見て、こっちが倒れそうになりました。
100キロ走り終えた人と、ここまで差がつくのか?
一緒に走ってもらうのが申し訳なさすぎる。
最後200〜300メートルは、お先にどうぞ。

その途端、一気に加速して遠のく背中。
きっと、肺の数や赤血球の数が違うのでしょう。

高谷山を越え、このルート最後の激坂を前に。

Photo_2

iPhone 4

偉大な背中だ。

|

« 都会 | トップページ | Aチームの脅威2 »

Bicycle」カテゴリの記事

コメント

先日は有難うございました(^^)
一緒に走れる人がいるだけで力が湧きますね♬
次は灰塚に行きましょうo(^▽^)o

投稿: パン助 | 2011年6月27日 (月) 07時44分

パ…パン助がカッコいい(lll゚Д゚)
これは、カメラマンの腕なのか。
それとも、パン助の真の姿なのか。

投稿: サイクル@管理人 | 2011年6月27日 (月) 15時05分

よーし、じゃあ私は杉元(弱虫ペダル)バリに頑張るぞ。

投稿: 青い彗星 | 2011年6月27日 (月) 22時28分

パン助先生

いやあ、力になれてなかったんですが。
ハイヅカ行きましょう。
あれ? ということは、番長も?

投稿: ken2 | 2011年6月28日 (火) 21時47分

サイクル@管理人さま

これが、きっと本当の姿なんですよ。
僕もこの背中を追っていきますよ。

投稿: ken2 | 2011年6月28日 (火) 21時48分

青い彗星さま

「弱虫」は未読なので
あんまり、ネタバレしないでくださいね。
とりあえず、これ以上
「貧相」にならないように。

投稿: ken2 | 2011年6月28日 (火) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1398544/40550488

この記事へのトラックバック一覧です: Aチームの脅威:

« 都会 | トップページ | Aチームの脅威2 »